「メタバースとよなか」グランドオープン、オープニングイベントを開催

「メタバースとよなか」グランドオープン、オープニングイベントを開催

豊中市

豊中市は、豊中市を新たな形で表現する、仮想空間「メタバースとよなか」を3月9日(土)から公開します。
これに合わせ、市立文化芸術センターで、オープニングイベント「デジメタフェス」を開催します。「メタバースとよなか」の体験や、VR体験、会場内とメタバース空間でキーワードを探すゲーム、モーションキャプチャー体験、学生ブースでのデジタルイベントを行います。

メタバースとよなか 概要
同空間は市立文化芸術センターをモチーフとした中央エリア、大阪国際空港を中心とする西エリア、服部緑地をメインとした東エリアの市を象徴する3エリアから構成されています。

利用者はアバターと呼ばれる自分の分身となるキャラクターを使い、自由にエリア内を散策したり、他のユーザーとコミュニケーションを楽しむことができます。
また、各エリアでは子どもたちが制作した作品の展示や、宝探しゲームなどのコンテンツも楽しめます。
市HP: https://www.city.toyonaka.osaka.jp/jinken_gakushu/bunka/event/ev_others/T_A_C_Wopen.html

「メタバースとよなか」グランドオープン、オープニングイベントを開催
過去のICT講座の様子

デジメタフェスの概要

場  所:市立文化芸術センター 展示室(曽根東町3-7-2)
開催日時:令和6年3月9日(土)10時から16時
内  容:メタバース体験
キーワードクエスト
ICT講座
モーションキャプチャー体験
学生ブース
VR体験など
市HP :https://www.city.toyonaka.osaka.jp/jinken_gakushu/bunka/event/ev_others/T_A_C_Wopevent.html

豊中市のホームページへ



最新記事|IT

「バーチャル近鉄電車」が完成!国の登録有形文化財「宇治山田駅」がモデルのオリジナルワールド、3月29日(金)14時にOPEN
マインクラフトの世界で学べるプログラミング教室「プロクラ」、授業料が初月無料となるキャンペーンを実施!
「メタバースとよなか」グランドオープン、オープニングイベントを開催
HashPort、「EXPO 2025 デジタルウォレット」とJR西日本との連携企画『大阪環状線NFT駅スタンプラリー第4弾』を実施
ホスティング大手のエックスサーバー、Amazonギフトカード最大50,000円分が抽選で155名様に当たる!「エックスサーバー 冬の贈り物キャンペーン」を開始

タイトルとURLをコピーしました