パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~

パナソニックグループ

パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 プレジデント・CEO:樋口 泰行)は、奈良女子大学 工学部と共同で、「女性エンジニア養成プログラム(Women Engineers Program)」を2024年3月11日(月)~13日(水)の3日間で開催しました。エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、パナソニック コネクトの溶接技術など先端技術に触れながら、将来理工系職業を目指す女子学生同士の新たな交流を育むイベントとして実施しました。

■開催背景
現状、工学分野のエンジニアは女性比率が低く、経済協力開発機構(OECD)の調査によると、「工学・製造・建築」分野の理系女性の割合はOECD加盟38カ国中最下位との報告がありました(2021年時点)。OECDは「進学と職業とつなげて考えられるよう、理工系分野で働く女性のイメージを良くする必要がある」と指摘しています。

■女性エンジニア養成プログラム「Women Engineers Program」について
日本初の女子大工学部として2022年に開設された奈良女子大学 工学部が主催する、工学分野に興味関心を持つ女子学生(中学3年生・高校生~大学生)を対象にした企業ワークショップです。参加企業各社が独自のワークショップを開催し、先端分野の紹介・技術演習並びに学生同士の交流の場となることを目的に開催されています。
https://we.nwu-eng.jp/

■今回開催したパナソニック コネクトのワークショップについて
今回のワークショップは、パナソニック コネクトで実装機や溶接機の開発・製造・販売をグローバルに展開する、プロセスオートメーション事業部の豊中事業所(大阪府)にて開催しました。「世界は溶接でできている」をテーマに、北海道から九州まで全国から計15名の学生(大学生4名、高専生8名、高校生3名)が参加。学生自らが創意工夫を凝らしてプログラムで得た知識を基に実際に動かせるモノを造ることにチャレンジできるメニューも組み入れた3日間のプログラムを実施しました。

初日は、学生同士が初対面の緊張の中、溶接の基礎講習から始まり、ARシミュレーションを用いて溶接作業を疑似体験。学生からは、「自分の普段の生活が、沢山の溶接に囲まれていることに驚いた。自動化が難しい溶接作業も依然沢山あるとのことですが、ARシミュレーションでハンド溶接の難しさを痛感しました」とのコメントがありました。

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~
ARシミュレーション体験風景

2日目は溶接機の仕組みを中心にした技術講座を開催。工場見学で溶接機がどのように製造されているのかを理解した後、溶接機の操作・安全講習を経て、ハンド溶接によるオブジェ作成(フォトフレーム)に挑戦していただきました。作業服・保護具を着用した学生たちの表情は緊張そのもの。パナソニック コネクトの溶接のプロフェッショナル社員が付き添いながら、一人ひとりハンド溶接を実施しました。学生からは、「最初は緊張しましたが、作業を進める程に楽しさが増した。パナソニック コネクトの社員の方に出来栄えを褒められた時は嬉しかったです」や「ハンド溶接は学校で経験したことがあったが、プロの方に指導いただけたので貴重な体験になった」との感想が寄せられました。

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~
オブジェ作成風景

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~
フォトフレーム

3日目は、ワークショップのメインイベントとなる「チームで制作課題に挑戦」。5つのチームに分かれてポンポン船を制作していただきました。採点項目は船の速度や密閉度のみならず、溶接の美しさやオリジナリティ、更にはチームワークなど、完成物の評価に加えて制作過程も評価の対象にしました。学生たちは直進性の工夫にアイデアを出し合いながら、ポンポン船のデザインを決めて制作に取り掛かりました。発表会では、沈んでしまった船もありましたが、学生から「コイルの巻き方・方向・巻き数を話し合う中で、お互いの考えを知ることが出来て有意義な時間だった。結果的に船は沈んでしまったけれど3人が全力で挑めたので、とても楽しかったです」とチームで協力し合った充実感が発表会場に溢れていました。

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~
デザイン検討、制作の風景

ワークショップの最後に、パナソニック コネクトの技能者・技術者7名との懇談会を実施しました。溶接体験やチームでの制作課題に加え、多くの学生たちが望んでいたのがこの懇談会でした。事前にいただいた応募動機でも「技術者との懇談会で、自分の方向性を確かめたい」という声が多数寄せられており、学生たちの将来に向けた希望と不安を垣間見ることが出来ました。3チームに分かれた懇談会では、社員が途中で入れ替り、すべての学生がすべての社員と会話できる段取りで進めました。学生からは「学生のうちにやっておくべきことへのアドバイスは何か」などの質問があり、「就職のビジョンづくりに役立つ座談会だった」との好意的な意見をいただきました。

パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~
女性先輩社員も交えた懇談会の様子

懇談会の後は制作課題の表彰式を実施し、個人で作成したフォトフレームはお土産として持ち帰っていただきました。フォトフレームに飾る集合写真を最後にお渡しし、「まだ帰りたくない」という声も出る中、先端技術に触れながら新たな交流を育んだ3日間のイベントは無事終了しました。

<学生へのアンケート結果>
3日間のワークショップ全体を通しての満足度は、4.93点(5点満点)と高い結果となりました。「インターネットでの表面上の情報と違い、実体験や経験者との交流で得られる知識は非常に価値のあるものだと感じた」「“女性エンジニアになりたい”という同じ志を持つ人たちと進路や学校生活の話が出来て良かった」などの感想が寄せられました。

<ワークショップを終えて>
ワークショップの運営に携わった社員一同、今回参加された学生たちが、同じ志を持つ女性同士の交流を深めるととともに、学校では経験できないことを深く学び、その刺激から、新たな視点と知識を得て、自分らしい将来へと向かっていくことを願っております。今後も工学エンジニア分野などのジェンダーギャップ解消に向けて、同様のワークショップを継続開催し、溶接業界・接合技術の更なる発展・進化に貢献していきます。

パナソニック コネクトは、DEI(Diversity, Equity & Inclusion)の推進をおこない、国籍・年齢・性別などを問わずすべての人にとってフェアな環境づくりに取り組むことで、よりよい社会、持続可能な未来を実現してまいります。

■パナソニック コネクトの溶接機・ロボット・レーザ事業について
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_welding

【パナソニック コネクト株式会社について】
パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、B2Bソリューションの中核を担う事業会社です。グローバルで約29,500名の従業員を擁し、売上高は1兆1,257億円(2022年度)を計上しています。「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」をパーパス(企業としての存在意義)として掲げ、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン、公共サービス、生活インフラ、エンターテインメント分野のお客様をつなぎ、「現場」をイノベートすることに取り組んでいます。また、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の実現を目指しています。

■人権の尊重と企業価値の向上に向けて
パナソニック コネクトは、「人権の尊重」と「企業価値の向上」を目的に、DEI(Diversity, Equity & Inclusion)推進を経営戦略の柱のひとつと位置づけ、多様な価値観を持つ一人ひとりがイキイキと力を発揮できる柔軟性の高いカルチャーを目指しています。
「少数であること」やその他の理由で権利が守られていない状況に対しては、妥協できない「人権」の問題として取り組みます。
例えば、2016年、国内の人事制度運用上の配偶者に「(同性婚も含む)事実婚を結婚したものと同様に取り扱う」ことを発信するなど、家族の在り方の多様化に対応しています。

▼その他の取り組みについてはこちら
https://connect.panasonic.com/jp-ja/about/sustainability/dei/lgbtq

▼パナソニック コネクト株式会社 ウェブサイト
https://connect.panasonic.com

▼パナソニック コネクト Newsroom
https://connect.panasonic.com/jp-ja/newsroom


パナソニックグループのホームページへ



最新記事|キャリア

本田 圭佑氏が「第8回 スタートアップ関西 2024 春」に登壇決定。起業やスタートアップを目指す学生に向けた講演と、本田氏への質問タイムを実施予定。
通学ゼロでも卒業できる!情報・福祉分野のオンライン大学東京通信大学 新テレビCM 「#とことんやれ」篇
バス運転手専門の就職イベント『どらなびEXPO2024春』を東京・関西の2会場で開催!
パナソニック コネクト、奈良女子大学と共同で「女性エンジニア養成プログラム」を開催 ~工学エンジニア分野のジェンダーギャップ解消に向けて、先端技術に触れる新たな交流を育む~
大谷翔平選手がECCとタッグを組んで実現!『SHOW YOUR DREAMS 2024』プロジェクト始動 小・中・高校生100名様を対象に海外留学&ホームステイをプレゼント

タイトルとURLをコピーしました